なお、今後の感染狀況によっては下記の決定內容は見直すことがあります。見直した際には直ちに大學ホームページ等にてお知らせいたします。

11月以降の授業の扱い(決定事項)

  1. 履修者數が200名以上の科目は、引き続き全授業回をオンライン形式で実施する。
    ※対象科目は、KONECOにおいて9/27に配信した『【授業】(後期版)全授業回がオンライン授業に切り替わる科目について(9/24時點)』でご確認すること。

  2. 履修者數が199名以下の科目は対面形式で実施する。ただし、半期15回中7回までは擔當教員の判斷によりオンライン形式で実施することがある。上限の7回に達した以降殘りの授業回は対面形式で実施する。
    ※履修者數が教場定員の6割を超える科目については、學生自身が対面またはオンライン參加を選ぶことができたが、この特例措置は11月以降停止する。

  3. 上記2.の対面授業対象科目であっても、以下に該當する學生は擔當教員に対面形式以外でのフォロー(同時配信のオンライン授業や授業録畫による受講等)を事前に申し出ることができる。ただし、イ)を理由としてフォローを申し出た場合、申し出以降の全授業回がフォローの対象となり、一部の回のみフォローを求めることはできない。なお、フォローの申し出方法について擔當教員からの指示があればそれに従うこと。
    イ)基礎疾患等があり、保健管理センターに申請して許可を受けた者
    ロ)新型コロナウイルスで陽性となった者、及びその濃厚接觸者扱いとなった者
    ハ)新型コロナウイルスのワクチン接種日と授業日が重なった者。もしくはワクチン接種による副反応が出ている期間と授業日が重なった者。この理由により申し出る場合は、ワクチン接種日がわかる書類等をC-Learningを通して擔當教員に示すこと。

  4. 上記3.のイ)~ハ)の事由以外で、対面形式以外のフォローを必要とする特段の事情がある場合に限り、C-Learning等を通して科目擔當教員に直接相談すること。
  5. 上記2.の対面授業対象科目であっても、擔當教員自身に基礎疾患がある等の理由により大學から認められた場合は、全授業回をオンライン形式で実施する。

以上

駒澤大學長 各務 洋子

本件に関する問い合わせ先
【學生】履修?成績オンライン相談受付票(※在學生専用ページログイン後にアクセスしてください)
【教員】駒澤大學教務部學務2係(gakumu2(a)komazawa-u.ac.jp)
※(a)を@に変更してください。

草蜢社区日本在线直播-忘忧草社区在线WWW-免费看黄A级毛片